2012年11月18日日曜日

40冊目「クロス×レガリア」

最近、読書意欲が減衰中でTCGばっかりですが、また読書意欲上昇し始めたので感想を。
角川スニーカー文庫から発売中の「クロス×レガリア」です。40冊目で初のスニーカーです。
著者は「レンタルマギカ」などの三田誠
イラストは「アウトブレイク・カンパニー」などのゆーげん

中華街の片隅で2人は出会った。
少年の名は戌見馳郎、トラブル解決を1回千円で請け負う学生ボディガード。少女の名はナタ、自称仙人。ナタを護ると決めた馳郎の、平和な日常はわずか一週間あまりで終わりを告げる。
人の氣を喰らう吸血鬼“鬼仙”と呼ばれる者たちの襲撃。彼らの目的は、鬼仙を無力化できる最強最悪の兵器―ナタを狩ることだった。
「レンタルマギカ」の三田誠が描く圧倒的スケールの新シリーズ、開幕。

という感じで、ボーイミーツガールな超王道な話でした。
読みやすく、展開もわかりやすく起伏があり、キャラの立った登場人物達。
面白いとは思うのですが、自分はちょっと苦手でした。
「イスカリオテ」を読んだ時もそうだったんですが、三田誠さんは肌に合ってないかも。
「レッドドラゴン」 は問題ないんですけど……あれはちょっと毛色が違いますね。

王道すぎるのかな?とか思ったりもします。それ故の安定感なのか。
王道ボーイミーツガールファンタジーの戦闘物が好物の人には間違いなくピッタリの作品です。
安心して手にとって下さい。

クロス×レガリア  吸血姫の護りかた (角川スニーカー文庫)
三田 誠
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-02-29)
売り上げランキング: 53010

0 件のコメント:

コメントを投稿