2013年2月23日土曜日

48冊目「アリス・リローデッド」

久しぶりの更新です。
期末テストやらなんやら色々あって長い期間更新が止まってました。

久々の更新一発目は電撃大賞受賞の「アリス・リローデッド -ハロー、ミスター・マグナム-

「あたしが巡り逢ったのは…最高の銃だったわ」そう言ってアリスは逝った。
わたしの名前はミスター・マグナム。偉大なる魔女によって生み出された魔法の銃だ。災厄により相棒を失ったわたしは、不思議な運命により過去の世界で意識を取り戻す。
そこで出逢ったのは、少女時代のかつての相棒。だがこのアリスは、とんでもないおてんばアホ娘だったのだ…。やれやれ。
とはいえわたしは立ち上がる。かつての悲劇を起こさぬよう、新たな未来を切り開くために―。
第19回電撃小説大賞“大賞”受賞作の、未来を切り開くマジック・ガンアクション登場。

しゃべる銃ミスターマグナムが主人公?
マカロニ・ウェスタン的な作品でサクサク読めて手軽な感じではあるんですが、そこそこのストーリー性はあります。
キャラ性よりはストーリーを重視してるかな?
サクサク読めてお手軽感が強すぎるため、人によっては内容が全く無くつまらないと感じる人もいるんじゃないか?と感じたのが一番の印象でした。

いい構成と内容なんですが、終盤明かされる物語のキモである大ネタがうまく活かされてなく、ラストの一発ネタの為だけになってるのが残念かな?
大賞!って部分に期待しすぎて読むと多少ガックリくるかもしれないですが、受賞作としては悪くない良い作品だと思います。

オススメできます。

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)
茜屋まつり
アスキー・メディアワークス (2013-02-09)
売り上げランキング: 2,766

0 件のコメント:

コメントを投稿