2013年11月15日金曜日

ファイブクロスのデッキに悩む

 先週ブシロードより発売されました新規カードゲーム「FIVE QROSS(ファイブクロス)」を始めてみました。

 以前からブシロードから発売されていた「キングオブプロレスリング」や、各種サッカーや野球のゲームで既に取られている実物カードとソーシャルゲームの融合タイプのゲームになります。
 1BOXに16パック入りで、1パック5枚入り。4枚のCと1枚のRorRRorRRRorSPという形。
 カードにはシリアルコードとQRコードがついていて、シリアルをいれるかQRを読み取ることで自分のアカウントにカードを追加して、そのカードを使って遊んでいきます。


 こんな感じのカードが入っていて、読み取ったらゲーム上でもこのまま表示されます。
 現在はインフィニット・ストラトスとファンタジスタドールが参戦中で私はISを購入。
 メインどころの女性声優5人のサインがランダムで封入されており、サインカードは読み取るとゲーム内でもサインカードとして表示される仕様。嬉しい!

 そんなファイブクロスですが、最初は無料でもらえるカードで適当に触る程度に遊んでいましたが、カードを1BOX買ってデッキ構築をしっかり考え始めてみたらこれが結構面白い。
 ランダム要素が結構大きく、絶対に勝つデッキを作るのは難しい。そのため高い割合で安定して勝ちを目指せるデッキを考えて行かなければいけない。
 ランダム要素は例えば、デッキは前列3枚・中列3枚・後列3枚の計9枚で構成されますが、各列に配置したカードはデッキ構築時の配置ではなく、試合ごとに左中右のどこに配置されるのかランダムになっているため、リンクというコンボ要素が思った通りに発動するとは限らない。
 攻撃順などもランダムのため、先に攻撃できるかわからない。など、全て思った通りになるとは限らないゲームになっています。

 現在つくれるタイプのデッキはIS、FD共に青は回復を主とした耐久赤はバーンを主とした焼き緑は移動を主とした妨害デッキがそれぞれ作れる。
 ファンタジスタドールはアウェイキングうずめを主とした復帰耐久やレベルアップ時パンプなどにより攻撃力を上昇させながら回復により耐久を行い後半の高打点で攻める形が非常に強力で強い!
 どちらか買おうかなやんでる人は絶対にファンタジスタドールをオススメです。
 ISは赤のバーンを軸に青を混ぜて耐久をする形が主流。しかし、中途半端にバーンする形だと上記のFDや、ISの青メイン耐久にほぼほぼ勝てないです。FDの赤単に近いデッキに対してはISの赤でも有利をとれることが多くかんじます。

 自分は現在赤を軸にして青を混ぜたISデッキを使用していましたが、IS青の回復の要になる


 このカードを持っていないので悲しい……
 その為、赤軸に緑を混ぜた形のデッキを試運転中。緑を混ぜることで、相手キャラ移動のクロスカードを使用可能になるため、アウェイキングうずめなどのリンクやRRR一夏のリンクを潰していけるのが利点。まだまだ研究が必要です。

 シングルもRRRのカードは1,500円近くしていたり、実店舗では売ってない事が多い。
 1BOX5,000円超えるくらいで、RRRが3枚入っており、サインが入ってる場合はRRR4枚分になることを考えると……
 また、2~3BOX買うとちょうどCカードが各種4枚くらいずつ揃う形になります。


 ファイブクロスは初回生産分はパックの入ってるBOXが上の写真のようにストレージ形式になっており、開封後そのままカード保管やデッキ持ち運びのケースに使えるため非常に便利!BOX買いが捗る!
 12月にはソードアート・オンラインが発売し、まだまだ盛り上がりを見せます。


0 件のコメント:

コメントを投稿