2014年3月2日日曜日

49冊目「博多豚骨ラーメンズ」

 最近はTCG関係しか更新してませんでしたが、久々に本の更新です。


 メディアワークス文庫から先日発売された第20回電撃小説大賞<大賞>受賞作品博多豚骨ラーメンズ」です。

 「あなたには、どうしても殺したい人がいます。どうやって殺しますか?」
 一見平和な福岡の街だが、裏では殺人の激戦区。殺し屋に殺し屋殺し、復讐屋や拷問屋までなんでもありの福岡の街で複数の人間が絡み合い紡がれていく。
 誰が殺し、誰が殺され、誰が生き残るのか……そして事件の真相は……

 複数の殺人犯による群像劇です。1~2年前にもどっかのレーベルでそんな内容の新人の作品が出てた気がしますね。

 若干場面転換多くて忙しなく感じましたが、結構面白い作品でした。群像劇なんでそこそこのキャラ数が出てきて場面転換しますが、しゃべり方であったり性格であったりと個性がちゃんと立っていたのでわかりやすく、頭に入っていきやすかったです。
 変に話が飛ばずに、それぞれの行動がうまく絡み合っていて強引すぎることもなくスルッと一つの話に集約していくので読んでて爽快感がありました。
 ラストはそこに繋がるのかーっ!と思わせてくれたのも良かったです。どこから始まり、何と何がつながっていくのか、1冊丸々楽しませてくれます。

博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)
博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)
posted with amazlet at 14.03.02
木崎ちあき
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-02-25)
売り上げランキング: 2,065

0 件のコメント:

コメントを投稿